applican

マイページに戻る

Launcher

別アプリなどと連携する機能を提供します。

【対応ランタイムバージョン】

ランタイムのバージョン毎に最適化したサンプルをダウンロードしてご使用ください。

メソッド

urlScheme

メソッド説明

urlScheme(String urlScheme, Function<LauncherError> errorCallback)

指定したURLスキームに対応するアプリが存在する場合はそのまま起動し、アプリが見つからなかった場合はエラーのコールバックを返します。

iOSの場合はユーザーサイトの【プロジェクト⇒ビルド設定⇒iOSアプリ設定⇒URLスキーム設定】にて起動したい外部アプリのURLスキームを登録してください。

パラメータ

urlScheme : URLスキーム 他アプリのURLスキームを指定できます。
errorCallback : Function<LauncherError> 失敗時にエラー情報のオブジェクトがCallbackされます。

Return

void

サンプルコード

applican.launcher.urlScheme('appName:', launcherUrlScheme_Error);

function launcherUrlScheme_Error(error){
	alert(error.code);
}

webview

メソッド説明

webview(String url, Object options, Function errorCallback)

指定したURLを追加webviewで開きます。
SafariViewController 利用可 (iOS)

パラメータ

url : String URLまたはファイル名を設定します。
options : Object オプション設定は以下の通りです。
withoutToolbar : Bool
戻るボタンなどのツールバーを表示します。true又はfalseが指定できます。省略した場合はfalseが設定されます。
transitionStyle : String
webviewを表示するときのアニメーションを設定します。 「cover」「flip」「curl」「cross」が設定できます。省略した場合は「cover」が設定されます。
errorCallback : Function アプリ内ブラウザーを起動出来なかった場合にCallbackされます。

Return

void

サンプルコード

// webview起動
function launchWebview() {

	function launcherWebview_Error(error) {
		console.log("webview() launcherWebview_Error.", error);
	}

	var options = {
		withoutToolbar : true,
		transitionStyle : "cover",	// 下から上にスライドします。デフォルトです。
		// transitionStyle : "flip",	// 回転して表示します。
		// transitionStyle : "curl",	// ページをめくり上げるように表示します。
		// transitionStyle : "cross",	// フェードインフェードアウトで表示します。
	};

	applican.launcher.webview('webview.html', options, launcherWebview_Error);
}

SafariViewController 利用可 (iOS)