applican

マイページに戻る

WebView

WebViewを制御する機能を提供します。

この機能は、Android4.1端末でjavascriptによるブラウザバックが正常に動作しない場合がある問題を回避できるようにすることを目的としています。

メソッドloadUrl()は、javascriptでlocationを用いての遷移ができない場合にお使いください。

機能

利用用途

アプリ内で新たなウィンドウの作成・制御を行いたい場合、こちらの機能をご利用ください。

【対応ランタイムバージョン】

ランタイムのバージョン毎に最適化したサンプルをダウンロードしてご使用ください。

サンプル WebView
サンプル WebView
サンプル WebView

メソッド

goBack

メソッド説明

goBack()

ブラウザバックを行います。

サンプルコード

applican.webView.goBack();

goForward

メソッド説明

goForward()

ブラウザフォワードを行います。

サンプルコード

applican.webView.goForward();

reload

メソッド説明

reload()

ブラウザリロードを行います。

サンプルコード

applican.webView.reload();
						

addLaunchWebviewCloseEventListener

メソッド説明

addLaunchWebviewCloseEventListener()

WebViewが閉じられたのを関知します。

v2用サンプルコード

applican.webView.addLaunchWebviewCloseEventListener();
						

v1用サンプルコード

applican.addLaunchWebviewCloseEventListener();
						

loadUrl

メソッド説明

loadUrl(String url, WebViewLoadUrlOptions options,  Function errorCallback)

URL をロードします。

パラメータ

url : String ロードする URLを指定します。
options : WebViewLoadUrlOptions URLロード時のオプション項目です(HTTPヘッダ―を指定します)。
errorCallback : Function URLロード失敗時にエラーがCallbackされます。

v2用サンプルコード

function failure(error) {
     console.log("loadUrl() failure.", error);
}
applican.webView.loadUrl("https://www.applican.com/", {}, failure);